• HOME
  • 新着情報
  • 分析手法:「インサイトチェッカー」を公開
 

2012年07月09日   分析手法:「インサイトチェッカー」を公開

作成したコンセプトが「本当に消費者のインサイトを突いているのか」、「競合より高いレベルでインサイトを突いているか?」診断する仕組みを持ったコンセプトテスト手法、「インサイトチェッカー」を公開しました。

http://www.research-clinic.com/marketing/insight-checker/

 

この分析手法では、クライアントの実際の悩みから生まれた分析手法を紹介しています。

新製品開発に際してあるメーカーさんでは、定性調査で消費者インサイトを抽出し、それを基に製品コンセプトを開発しました。しかし上市してみると、調査で示唆されたほど売上がついてきません。

結果、経営陣から「プロモーションにはいつも通りコストを投下している。調査でインサイトも調べた。インサイトを突いているはずなのに、何故こういう事が起こるのか?」という声が降りてきました。そこで相談を頂き、何がまずかったのか調査した所分かった事は、「コンセプトは、実はインサイトを突けていなかった」という結果でした。この会社さんはコンセプトテストも行い、受容性の高いコンセプトを取捨選択しています。インサイトベースで製品開発を行う事が主流になる中で、似たような相談を受ける事が多くなりました。何故こういった事が起こるのでしょうか?どうしたら防げるのでしょうか?

この様な背景から、「作成したコンセプトが、本当に消費者のインサイトを突いているか」、「現在市場にある競合より、高いレベルでインサイトを突いているか」をコンセプトテストの中で診断し、間違いを防ぐモジュールを開発しました。

 

 


迷惑メールにご注意下さい

お問い合わせはこちら

お電話はこちら 03-5937-0137